読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

素人目線の写真術

写真を綺麗に撮るコツを伝授します。

人気急上昇のパワースポット サムハラ神社(3.すごいご利益)

神社の由来書によると、
「サムハラ」とは、造化三神の総称であり、無傷無病・延命長寿のご神徳があるとされています。

 

大阪のサムハラ神社には、外壁にご利益の5つの体験談が掲示してあります。

f:id:magumagu7:20170422004406j:plain

もう、かすれてしまって読みづらいのですが、一番読みやすいものをご紹介します。

f:id:magumagu7:20170422004628j:plain

その他、もう一つを、読みやすいように文字に起こして紹介いたします。

 

女優の浜木綿子さんのエピソードです。

 

「大阪梅田コマスタジアムにて

 浜 木綿子

 昭和三十九年二月七日午後二時三十分

 大阪梅田コマスタジアム公演中

 舞台中央のコマが上がっていなかった時

 せり穴に落ちこみ

 奈落に転落しましたが、

 サムハラ様のお守りを

 身体につけておりましたので、

 お陰様で次にしようする舞台道具の

 長椅子の丁度真上に落ちました。

 したがって何一つ外傷もなく

 負傷をまぬがれました。

 今更ながらサムハラ様の

 御神徳と有難く感謝をしております。

 本日はお礼のためお詣りさせていただきました。

 昭和三十九年三月十三日」

 

その他、歴史上に人物にも逸話が残っています。

戦国武将の「加藤清正」は、自分の刀にこの「サムハラ」の4文字をを刃に彫りつけて信じていたため、万死に一生を得たという言い伝えがあるそうです。

 

また、戦時中には「弾除け祈願」に訪れる人も多かったそうです。

 

今は、特に指輪型のお守り(御神環)が大人気で、なかなか手に入りません。

 

指輪のお守りをして、転んで顔から地面に激突したにもかかわらず、軽症だったとかのエピソードを本で読んだことがあります。

 

また、物理学者の保江邦夫先生が、最近のサムハラ神社人気の火付け役ではないかと思うのですが、先生の著書の講演会で、「いつもはめているサムハラ神社の指輪守りを、たまたまつけるのを忘れたら、その日に限って、スピード違反で捕まってしまった。」とおっしゃっていました。(おいおい)

 

それにしても、お守りの中でも指輪守りは特に大人気で、4月20日に大阪のサムハラ神社に参拝したときは、このような張り紙が貼ってありました。

f:id:magumagu7:20170422011614j:plain

仕方ないので、銭形守り(1000円)を頂いて帰りました。

ショーケースのいちばん左上です。

財布に入れて持ち歩いています。

f:id:magumagu7:20170422011858j:plain

ちなみに、有名な指輪守り(3000円)は、中段の左端です。

 

指輪守りは、根気よく数週間おきに神社に電話して問い合わせるしかなさそうです。

あれば、郵送していただけます。

 

ちなみに、大阪のサムハラ神社の社務所には、このように指輪のサイズを計るものがありました。

f:id:magumagu7:20170422012346j:plain

この指輪守りを入手できるのも、神のご縁と言われます。

 

自分が手に入れられなくても、いま一番必要な人が優先的にいただけてるのだと思って、気長に待ちましょう。

 

では、次回の岡山県奥の院に行ったレポート
「3.とにかく奥の院に行ってみた」
をお楽しみに。